1. ホーム
  2. 採用情報

採用情報

世界の未来を創るプライド。
私たちは建設機械の中でもクローラクレーンの製造に特化した会社です。でも、私たちが創っているのは機械だけじゃない。私たちのクレーンが作る建造物が、世界の未来をカタチ創っていく。これが私たちの仕事。私たちのプライド。
  • マイナビ2023
  • キャリタス就活2023

住友重機械建機クレーン白書

住友重機械建機クレーンを表す6つのキーワード。
私達の未来をカタチ創る仕事がそこにはあります。

住友と日立
クローラクレーン業界をリードしてきた2社、住友重機械工業のクレーン会社と日立建機のクレーン部門が2002年に手を結び設立。長年築き上げた安心と信頼を基礎に、新しい価値を提供しています。
587社
HSC CRANESのクローラクレーンは世界587社のお客様に愛される、世界でトップクラスのクレーン。特に品質、サービスは好評をいただいています。海外は現地の代理店と協力し、お客様をサポート。商談支援や展示会など海外出張の機会も巡ってきます。
1億6千万
主力製品である120tづりクローラクレーン、SCX1200-3タワー仕様の価格は1億6千万円。日常生活では味わうことがない大きな金額を扱うことができます。そして、クローラクレーンの寿命は20年以上。自分たちが設計、販売した機械を街中で見かけ「あれは私が作ったクレーンだよ」と家族に自慢ができる仕事です。
経済産業大臣賞
350tつりクローラクレーン、SCX3500-3は日刊工業新聞社主催の機械工業デザイン賞において「最優秀賞(経済産業大臣賞)」を受賞しました。デザインだけでなく、機能美、操作性、安全性、環境性などトータルバランスを考えたモノづくりをしています。
124日
土日祝日だけでなく、GW、夏季休暇、年末年始に連休があり、年間休日は124日。その他有給休暇に加え、勤続10年を越えると5年ごとに5日間のリフレッシュ休暇も。しっかり休むからこそ、業務もはかどります。
人材
入社後はビジネスマナーや語学研修など集合教育を受講し、その後は工場研修などを経て配属。1年後、2年後のフォローアップ研修や階層別研修など人材育成に力を注いでいます。

社員紹介

未来をカタチ創る住友重機械建機クレーンの人材たち。
その中から、四人の想いをご紹介します。

世界の成長、その一躍を担う
とてもやりがいのある仕事です

鶴田 侑作Yuusaku Tsuruta

サービス 入社13~15年目 自動車エンジニア学科卒業。
入社後、サービス員として関西に配属。
九州を経て、現在は横浜サービスセンタにて機械の修理・メンテナンスを担当。

身につけた技術・知識が
社会の力になっている。

私は専門学校で自動車エンジニアになるための勉強をしましたが、自動車整備ではなく、もっと特殊な機械を扱いたいと思うようになり、卒業してからの進路に悩んでいました。そんな時に、学校に届いていたHSCの会社案内を見て漠然と面白そうだなと思ったのが入社したきっかけです。その時、何に面白いと思ったかは、はっきりと覚えてはいないですが、クローラクレーンがあまり見たことがなかった機械だから単純に興味を持てたのかもしれないです。

この仕事の魅力がわかったのは入社してからですね。現場に行くとクローラクレーンが大きな建物を建てている。その姿を目の当たりにし、自分が扱う機械の物理的な大きさと、その責任の大きさを実感しました。クローラクレーンが正常に動かないと大きな競技場やショッピングモール、マンションなども建ちません。私たちの生活に欠かせない大きな建物を建てる、その機械を修理している。自分が身につけた技術・知識で、その機械が正常に動くようにしている。

自分の力が社会の役に立っていることが感じられる仕事だと思います。

一つ一つの積み重ねが、
一つの大きな成果につながる。

私たちの仕事で喜びを最も感じる瞬間は、お客様や施工の元受けの方から「修理してくれてありがとう。助かったよ。」と感謝の言葉を伝えられた時ですね。

修理・メンテナンスの現場に入ると「早く直してほしい」とか「とにかく使えるようにしてほしい」と言われます。その期待に応える。パッと直す。できる限りダウンタイムが少ないように上手く修理できた時には、積み重ねてきた努力の成果を発揮できたという喜びもありますし、お客様に満足してもらえるので嬉しいですよね。

どの仕事もそうかもしれませんが、サービス員は2、3年でできるようになれる仕事ではありません。根気強く努力を重ねて、やっと一人前になれる仕事です。とても大変ですが、努力をすれば努力をしただけ成果がでる、自らの成長が感じられる仕事でもあります。

技術・知識を引き継ぐことで、
HSCの歴史の一部になれる。

日々の仕事で大切にしていることは、チームの安全です。私たちの仕事は安全が一番です。自らの安全はもちろんですが、現場の方であったり、同僚であったり、周りにいる人の安全を守ることが、私たちが最も大切にしなければいけないことです。そのために意識していることは、現場全体を客観視することです。

今はリーダーという立場で、現場ではできる限り直接手を出さないようにしています。私も手を動かしたくなりますが、それでは現場全体を客観視することができなくなるため、私は基本的に全体を見て後輩に指示を出す立場ですね。現場に入りたての若い頃は、私もとにかく手を動かしていました。そうすることで、技術・知識が身に付く。技術・知識が身に付いてくると、自然と仕事の全体が見えるようになってきて、現場全体を客観視できるようになってきます。私が先輩から技術・知識を引き継いだように、自分が身につけた技術・知識を次の世代に引き継いでいるのが今ですかね。HSCの歴史の一部になれたような感覚で、それが嬉しくもあります。

HSCに込められた決意を実現し
ナンバーワンを目指したい。

これからはクローラクレーン業界においてナンバーワンを目指したいです。

最先端の技術で性能が高い機械を開発するのはもちろんですが、今よりももっと品質を高めていきたいです。とにかく高品質であること。お客様の期待を裏切らないこと。お客様に安心して使っていただけること。当たり前のことを、当たり前のようにできる会社であり続けたいです。お客様の信頼度を高めていけば、業界ナンバーワンも夢じゃないと思っています。

私たちが掲げているHSC CRANESというブランドには「High-quality 高品質であること」「Satisfaction 常にお客様の期待を満たすこと」「Confidence 信頼の絆を深めること」という決意が込められています。この決意に共感してくれて、一緒に業界ナンバーワンを目指す仲間が増えてくれると嬉しいです。

学生へのメッセージ

私たちがサービスを担当するクローラクレーンの多くは、普段は入れないような規模の大きな建設現場で使われています。そういった現場で仕事ができることがとても新鮮に感じるのはもちろん、生活に欠かせない建物をつくる力となっていることが実感でき、仕事への大きなやりがいを感じられます。

仕事を通して大きな刺激とやりがいを得たいと考えている人には本当にお薦めできる仕事です。